OpenStreetMap

Diary Entries in Japanese

Recent diary entries

# 私のコンピュータースキルまとめ

Posted by imachan0224 on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できるMarkdown記法の動作確認用です。

はじめてPCに触れたのは

  • 小学生の時

過去の使用したパソコンの種類

  • Windows

そこそこ使えるソフト(5個くらい)

  • word
  • excel
  • google chrome
  • LINE
  • Skype

# 私のコンピュータースキルのまとめ

Posted by kohei_24 on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルのまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。

初めてPCに触れたのは

  • 小学生

過去に使用したPCの種類

  • WINDOWS
  • MAC

使うことが可能なソフト(いじったことがある程度)

  • WORD
  • EXCEL
  • SKYPE
  • POWER POINT
  • GOOGLE CHROME

# 私のコンピュータースキルまとめ

Posted by misatoteen on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルまとめ​

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。 ​

初めてPCに触れたのは

  • 小学生の時

よく使うソフトウェア

  • Word
  • Excel

# 私のコンピュータースキルまとめ

Posted by shu__ on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。

はじめてPCに触れたのは

  • 小学生のとき

過去に使用したパソコンの種類

  • windows

よく使うソフト

  • word

  • powerpoint

  • google

  • skype

  • facebook

# 私のコンピュータースキルのまとめ

Posted by Toshiaki Maki on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルのまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。

はじめてPCに触れたのは

  • 小学生の時

過去の使用したパソコンの種類

  • Windows

  • Mac

そこそこ使えるソフトのまとめ

  • chrome

  • facebook

  • power point

  • google sheet

  • google docs

  • word

# 私のコンピュータースキルまとめ

Posted by MAPconcierge on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。

はじめてPCに触れたのは

  • 小学生の頃

使用したパソコンの種類

  • MSX

  • X68000

  • PC-98

  • Windows

  • Mac

  • Unix/Linux

そこそこ使えるソフト(5個くらい)

  • MS-Office

  • Adobe Photoshop、Illustrator

  • ウェブブラウザー

  • keynote

  • Github Desktop

# 私のコンピュータースキルまとめ

Posted by TimeHashimoto on 20 April 2017 in Japanese (日本語)

私のコンピュータースキルまとめ

※ OpenStreetMapの日記機能で表現できる Markdown記法の動作確認用です。

初めてPCに触れたのは

  • 小学生の頃

過去の使用したパソコンの種類

  • Mac
  • Windows

そこそこ使えるソフト

  • iMovie
  • pages
  • keynote
  • McAfee
  • Mac Video Converter Pro

春日部市のリニューアル道路について

Posted by Fukumi822 on 24 February 2017 in Japanese (日本語)

近日春日部市内での道路開通工事等が頻繁に行われているので、 その辺り、航空写真が無い為、

GPSをアップロードしてくれた場合すぐに反映させたい。

ヘイトスパム最高!!

Posted by 西島太郎 on 14 February 2017 in Japanese (日本語)

ヘイトスパムめっちゃ楽しい!! 自分のたまっていた日頃のストレスの発散ができて最高!!

福島県民を殺せ

Posted by 西島太郎 on 13 February 2017 in Japanese (日本語)

福島県民は広島から、いや、日本中から一人残らず虐殺するべきだ。

OSM Coverage! Powered by surveyor.

Posted by hayashi on 4 February 2017 in Japanese (日本語)

OSMの網羅率

日本全国でどのぐらいマッパーが活躍しているのかを示す図を作ってみました。 「国土数値情報(バス停データ)」の近くにOSMデータの「bus_stop」が近くにどれだけ存在するかによって色分けしています。

以下の図は国土交通省国土政策局「国土数値情報(バス停データ)」をもとにhayashiが編集・加工したものです。

  • 赤: データが入力されていない地域
  • 橙: データ入力が不完全。修正が必要な地域
  • 緑: データが入力されている地域

Compared with Kokudo Suchi Joho (data from Japanese Government)

  • Red: Empty Area
  • Orange: Uncompleted Area. Need more works
  • Green: Completed Area. OSM coverage bus_stop

全国の状況を見ると「OSMぜんぜんダメじゃん」って感じになっていますが、そもそも「バス停」ってアームチェアマッピングが非常にやりにくいので、このデータにはアームチェアマッパーの貢献度が全く反映されていません。 街中を徘徊するタイプのマッパーによる成果とみることができます。

神奈川県周辺

全国では状況が分かりずらいので神奈川県周辺にズームしたのが下図です。 OSM coverage bus_stop 神奈川県 神奈川県は半分ぐらいできてますね。

実は神奈川県東部周辺には「バス停」マニアが何人かいるようです。西側は手つかずのところが目立ちますが、過去にマッピングパーティが行われたところ(熱海など)は局地的に入力されています。

大阪

OSM coverage bus_stop 神奈川県 大阪は淀川の南側はたくさんのマッパーが散発的にマッピングしている感じですが、北部と奈良盆地北部に関してはきっちりと入力されています。少数(おそらく一人)のマッパーが計画的にバス停をつぶしていってように感じます。

札幌周辺

OSM coverage bus_stop 神奈川県 札幌も明暗くっきりって感じでマッピングされています。この画像には入っていませんが室蘭市はほぼコンプリート状態になっています。

このデータは公開しています!

ここで示したデータはこの記事を読んでいるOSMマッパーのために公開しています。 私の自宅に転がっているRaspberry Pi2をサーバーとしてDynamicDNSで運用しているのであまり接続率は良くないかもしれませんけど・・・

PostGISのデータとして公開します。QGISを使って「PostGISレイヤの追加」すれば誰でも自由に見ることができます。まだ入力されていないバス停を探索したり、他のマッパーが活躍している地域を探すのに便利だと思います。是非、活用してください。

PostGIS接続の設定

  • ホスト: surveyor.mydns.jp
  • ポート: 5432
  • データベース: gisdb
  • SSLモード: disable
    • ユーザー名: gisuser
    • パスワード: gisuser

詳細は QGISの定義ファイル を見てください。

と、突き放すのはあまりにも不親切なのでQGISを使ってこのデータを利用するマニュアルを作成しました。QGISを利用したことがない人はこの機会にチャレンジしてみてください。

OsmCoverageデータの利用方法

バス停以外の指標

今回は「国土数値情報(バス停データ)」を指標として使ってみました。OSMにはインポートできない「国土数値情報」もこんな感じなら利用することができます。

「バス停」以外にも利用可能なデータはないでしょうか?

国土数値情報では「燃料給油所」なんかも同じように使えそうです。コンビニのデータなんかもあれば指標としてみると面白いかも。

ライセンス的にOSMに投入するのが難しくて諦めてしまったデータも、もう一度見なおしてみるとけっこう使えるものが発見されるかもしれませんね。

最終発表会レジュメ

Posted by akari_drm on 11 January 2017 in Japanese (日本語)

2016年4月からのユーザー数増加の原因

  • 4月からはじまる大学の生徒や会社の社員のアカウント制作によること。
  • 熊本での地震によって、日本や世界におけるユーザーが増えた。

ユーザー数の増加傾向の変化

image

<考えられる理由>

  • 2012年6月 豪雨(台湾)
  • 2013年4月 地震(中国)
  • 2016年4月 地震(熊本)

<これから改善していける点>

  • より多くの国でつかえるように、使える言語を多くする。
  • 航空写真の精度を高める。

2016年、青山学院大学として取り組んだOSM活動

Posted by MAPconcierge on 31 December 2016 in Japanese (日本語)

この記事は OpenStreetMap Advent Calendar 2016 (12/15用) として投稿しました。

はじめに

青山学院大学地球社会共生学部に赴任し、大学教育の中でOpenStreetMap(以下OSM)を活用し、その成果もまたOSMに還元することを目指し、多くの取り組みを行ってきました。せっかくの機会なので、今年1年間と、その前の年である2015年も振り返ってみます。

(現在、目下更新中です...)

ついでに2015年も振り返る

UN WCDRR @ Tohoku Univ.

淵野辺周辺マッピング

ネパール地震

HOT Summit @ UN Redcross HQ

State of the Map US @ UN HQ

相模原キャンパスインドアマッピング

State of the Map Asia

State of the Map Taiwan

相模原キャンパス3Dマッピング

日本のOSM品質向上プロジェクト

相模原キャンパスストリートビュー化

相模原キャンパス放射線量マッピング with Safecast

GeoGeoWEST 友引じゃナイト


そして2016年

淵野辺周辺マッピング

熊本地震

相模原キャンパスストリートビュー化

Missing Maps Project レクチャー@Google

State of the Map Japan

State of the Map Brussels

ICCM - International Conference of Crisis Mappers

State of the Map Asia in Manila

龍野マッピング

鳥取地震

wikidata

相模原キャンパス放射線量マッピング with Safecast

GeoGeoWEST 友引じゃナイト

OSMstatsから読み解くマッパーコミュニティの現状

Posted by MAPconcierge on 14 December 2016 in Japanese (日本語)

この記事は OpenStreetMap Advent Calendar 2016 (12/15用) として投稿しました。

OSMstatsから読み解くマッパーコミュニティの現状

About OSMstats

OSMstats は世界中の OpenStreetMap ユーザーコミュニティ活動量が毎日どのように行われているのか、定量的な統計情報を整理して、見える化するサービスです。 運営は altogetherlost.com & Pascal Neis (neis-one.org) チームが行っています。

http://osmstats.neis-one.org/

何がわかるの?

様々な情報が可視化されていますが、主に次の情報が便利です。

  • OpenStreetMapユーザーアカウント総数の時間遷移
  • 日別のアクティブマッパー活動量
  • 国別のアクティブマッパー数

これらの情報を、それぞれ見てみましょう。

OpenStreetMapユーザーアカウント総数の時間遷移

OSMstatsトップページを開く

これは簡単です。OSMstatsのトップページを開くだけです。

Number of registered OSM members

左上の Number of registered OSM members の情報を見ます。2016/12/15 の時点では、3,285,076ユーザーアカウント、約330万マッパーによって今のOpenStreetMapはデータ更新されています。但し、この数字は現時点で有効なアカウント数であり、過去に作ったっきり使われていないアカウントや作業の目的によって複数アカウントを使い分けている人も含まれていますので、実際の人間としてマッパー数はこの数字よりも小さくなります。

グラフの時間軸を少縮尺にする

横軸を時間軸に、縦軸をユーザーアカウント数でプロットした二次元グラフを見てみましょう。また、2012年から現在までの遷移を見てみましょう。

ユーザー数の増加傾向に変化

このグラフをよく見ると、ユーザー数の増加傾向に何度か変化が起きていることが読み取れます。一つは、2012年6月前後からの増加(①)。二つ目は2013年4月前後からの増加(②)、そして最近も 2016年4月からの増加傾向(③)。さあ、ここからその背景を、、、と書きたいところですが、この問いは青山学院大学の古橋ゼミの課題に使うのであえてここでは問題提起のみに留めます。後日学生達の分析を追記公開します。

日別のアクティブマッパー活動量

上記のユーザー増加数の中身を判断するには、実際にマッピングを行っているユーザー数である No. of daily active members overall と比較することが大事です。これは日別のアクティブマッパー数のグラフで、例えば 2016年4月からの増加傾向は、ユーザー数が増えているだけでなく、連動してアクティブマッパー数も同じタイミングで増え始めています。

国別のアクティブマッパー数

最後に、国別のアクティブマッパー数を比較してみましょう。先程までは世界全体の傾向を追っていましたが、OSMstats上に並ぶ Countries タブリンクから表示を切り替えると、各国ごとの集計表が登場します。時差もあるので、2日くらい前に設定したほうが正しく表示されることが多いです。2016/12/14時点では日本は世界でTOP10のポジションにいます。

今度は、Japan をクリックして、日本のアクティビティ(実際には日本エリア内でのマッパーアクティビティであり、日本人だけでなく遠隔からのアームチェアマッピングも加算されています)を見てみましょう。

日本でも 2016年4月から、アクティブマッパー数が増えているように見えますが、これはグローバルなOpenStreetMapのマッパー数の増加傾向と関連性があるのでしょうか?それとも日本独自の現象でしょうか?いずれにしてもこのような定量的な数値を元に、世界と日本のマッパーコミュニティがどのように変化しているのか、マクロな視点でのコミュニティ分析も大事な見方です。

たまたま

Posted by 黒猫ぽち on 26 November 2016 in Japanese (日本語)

今日、某Webアプリケーションからリンクを辿ってこのOpenStreetMapにたどり着きました。 地図版のWikipediaみたいなものだと考えればいいのかなぁ?

岐阜市周辺、名古屋市内のごく限られた範囲しかわかりませんが、地図の熟成(?)のために、少し「編集」をしてみることにします。

よろしくお願いいたします。

Open Schools Kenya

Posted by umekeru on 22 November 2016 in Japanese (日本語)

概要

ナイロビにある最も有名なスラム街とされるキベラについての地図記載がなかったため、地図を普及させようとする動き。地図がないため、治安が悪いというイメージのため、政府は食糧、電気を配給しなかった。 また線路沿いの学校を取り壊そうとした。 その状況を打開するためにMap Kiberaが立ち上がった

現状の課題

現地の人は教育を普及させようとする意識はあるがやり方がわからない

情報が入ってこない(場所、授業料、規模など)

何を行なっているのか

マップを使った教育に関する情報の開示

今後の課題

マップを使って、市民や政府を巻き込んでキベラ全域の教育に影響を与えるはどうすればよいか。

WeeklyOSM: Why, how, what, where and where we go

Posted by ザキマヤ on 16 November 2016 in Japanese (日本語)

WeeklyOSM: Why, how, what, where and where we go (https://www.youtube.com/watch?v=TOEfjLMlWHQ ) のまとめ

概要

WeeklyOSM(http://www.weeklyosm.eu/ja/) はOSMblogの記事を様々な言語に翻訳している。png a

現状の課題(できないこと)

翻訳されている言語がまだ少ないため、さらに多くの言語での翻訳が必要。

何を行っているのか

Twitterなどの様々なネット上のOSMに関する情報を集め、その中の興味深いニュースについてドイツ語の記事を作っているため世界中の国際活動に参加したい人のために、その記事の翻訳を行っている。仕組みとしては、WeeklyOSMがまずスペイン語や英語など使える人が多い言語に翻訳しその後ロシア語や日本語へと翻訳している。

どこまでできたか

英語、スペイン語、カナダ語、ロシア語、日本語、イタリア語、ポルトガル語、ドイツ語、チェコ語、トルコ語への翻訳。一般の人の作業への参加

次の課題は何が残っているか

様々な地域の言語への翻訳(特にアフリカ、フランスの言語)、および翻訳精度の拡大。

Energise your community with focused projects

Posted by ycmj17vernon on 16 November 2016 in Japanese (日本語)

リアル出席していなかったためグループとは違うテーマです。また、動画以外の資料も使用しました。

概要

Mappa Merciaという今年で10年を迎える、イギリスのウェストミッドランドでOSMを成長させるためのグループ。地方のOSM参加者にフォーカスし地域の関心や参加の促進サポートを狙いとして結成された。

行なっていること

地域でのイベントや地方団体の育成及びサポートを行なっている。

現状

様々なイベントを行なっているが、The School projectは直近のプロジェクトの中でも大きな成功を収めた。学校で取り扱うことで、その周辺におけるマップの作成が容易になる。この中では、OSMを扱った人の居住地を調べるシステムを作り、そこからランキングをつけるなどすることでシステム向上を図った。

現状の課題

動作が上手くいかないものがいくつもあったということがこれまでのプロジェクトから得られた。

今後の課題

Pokemon goのような手軽で人々の関心を惹きよせられる、Mobileでのマッピングプロジェクトを考えている。

citation

www.mappa-mercia.org/contribute/about-mappa-mercia

鉄道とOpenStreetMap

Posted by Kota_Tamura on 16 November 2016 in Japanese (日本語)

今年のState of the Map 2016で発表された講演の中で、私たちはRailways at OpenStreetMapというものに対して関心を持ちました。(動画)今回はこの講演の内容を簡潔にまとめて紹介したいと思います。

概要

この講演は題名の通り鉄道とOpenStreetMapの関係についてがテーマとなっていて、主にマッピングに関して使用している手段などが紹介されていました。

行っていること

鉄道に関するマッピングを行っていて、鉄道といっても線路に限定せず、駅や信号機などの関連設備のマッピングも、OpenStreetMapのタグを利用して1つ1つ細かく行っているようです。既に廃線となった路線、計画中の路線などにもそれぞれタグが存在し個別に対応しているようです。 実際のマッピングに使われている方法としては
1. 徒歩や自転車で沿線を歩いていき手作業によるマッピング
2. 電車に乗りながらGPS端末を用いてログを取りそのデータによるマッピング
などがあるようです。

現状

現時点では約8万個ほどの信号や約4万個ほどのマイル標がマッピングされているそうです。この数が大きいのか小さいのかはよくわかりませんが、1つ1つ手作業で登録していることを考えるととても膨大な量なのではないかと思います。

現状の課題

鉄道路線の信号機にはスピードに関係するものや閉塞に関係するものなど様々な種類のものがあり、さらにその上設備の細かい仕様は国などによって違うため、種類や国ごとにタグの設定などを行う必要があるようで、そのことが複雑さを生んでいるようです。
また、このプロジェクトはドイツ人の方が中心となって進めているとのことで、現時点で登録されている信号機の半分以上がドイツのものとなっているらしく、ドイツ以外の国での作業が中々進んでいないというのも課題の1つのようです。

今後の課題

タグの複雑さに関しては地域や種類に対応した細かいタグを1つ1つ作っていて、現時点で29個の信号機に関するタグがあり、細かい仕様の違いにもしっかり対応しているそうです。対応する国が増えたらこの数は更に増えるのかもしれません。
ドイツとそれ以外の国の格差問題に関しては、他の国のデータを増やすためにはその国の現地の人が参加しなければならないため、ドイツ人がプロジェクトの主体である以上、なかなかすぐには解決する問題ではないのかもしれません。 私個人としては鉄道王国とも呼ばれる日本でこのプロジェクトが進むことを期待したいと思います。

Nov 10th 活動内容 fs2016-b

Posted by Weapone on 16 November 2016 in Japanese (日本語)

State of the map 2016 --Is she a part of community?--

Is she a part of your community? -YouTube

概要

  • 女性マッパーの数を各国ごとにメールリストから把握そしてこの女性mapperの少なさについて

現状の課題(できていないこと)

  • 女性目線での地図作り(トイレ、共同シャワー、店など)
  • 南米はその地域のユーザーのおよそ三分の1、インドでは14% しかしまだまだ少ない

   ↓

どのようにすれば女性mapperを増やすことができるか

何を行っているのか?

  • [Introduction]専用ワークショップ、会談、マップパーティ

   ↓

  • [Involvement]コミュニティに引き込む

   ↓

  • [Provision]女性がかかわりやすい環境づくり

次の課題は何が残っているのか?

  • 本当は正確な女性の人数はわかっていない
  • イベントにおける子守りや子供の面倒などの環境づくりや配慮
  • さまざまな性別への配慮を含めた環境作り
Older Entries | Newer Entries